きものを「着たい人」を「着れる人」に まるやま・京彩グループ
来店予約 お問合せ
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 8月に思うこと…

SHOP NEWS店舗からのお知らせ

8月に思うこと…

2020.08.24

オンライン相談室の島谷です。こんにちは。
このところの酷い猛暑による暑さも、後少しの辛抱です。
マスクや手洗い、うがいをしながら残暑を乗り切りましょうね。
 
突然ですが今年は戦後75年になります。
広島についでアメリカ軍が原爆を投下した長崎でも大勢の人々が悲惨にも
亡くなっていきました。それは今でも続いています。
毎年8月9日、長崎では平和記念公園の平和の像の前で式典が行われています。
平和の像は右手は天を指し左手は水平に伸ばしてあり、右手で原爆の脅威と、左手で
平和な長崎を表しているそうです。永遠の平和、そんな願いが込められた像なのです。
私の出身地は長崎なので、今日は小さなころからの教えを書いてみました。
 
世の中が平和であるからこそ、おしゃれを心から楽しめますね。
もちろん、必要だからお召しになる方もいらっしゃるでしょうし、
好きだからとお召しになる方もいらっしゃるでしょう。
でも、着物の事を知らないままより、
もっと沢山の人が着物を知る機会が増えると、
もっと着物のことを好きになってもらえると思うのです。

知る機会のひとつに、きもの何でも相談室もお役立てください。