きものを「着たい人」を「着れる人」に まるやま・京彩グループ
来店予約 お問合せ
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 母と五木ひろしさんを見る

BLOGブログ

母と五木ひろしさんを見る

2020.07.27

オンラインきもの何でも相談室の島谷です。こんにちは。
その昔、母と五木ひろしさんのコンサートに行く機会がありました。
しかも、ホテルニューオータニの飛天の間。
 
飛天の間と言えばその頃の日本で、一番大きな、きものの催事が行われていた場所です。
(ただし私の記憶に間違いがなければの話ですが)
母は長崎から出てきて間もなくて、いったい何を着て来るのかと
心配をしていましたが、当日、着物で現れたのでした。
 
緑色の木の葉のような柄の羽織を着ていました。
着物は、残念ながら記憶にありません。その写真が残っていたのでわかる程度のことです。
少し薄い白っぽい感じの着物の様でした。
母にとって何かの時には着物なのですね。
とりあえず着物ならば間違いがない、安心。
そんな暗黙の了解の様なところがあったのかもしれません。
私はと言えば、さんざん悩んだ挙句、無難なスーツを選んで着ていきました。
 
その頃はまだ着物を着るという事が身近ではなく、子育ての真っ最中でした。
 
それから着付をすることになり、着付の学校へ通い始めて
段々と着物が好きになっていったように思います。
呉服屋さんに勤めてから6年ほど、毎日着物を着ていた時期があります。
何が何でも着物を着る。とにかく店では着物でした。
 
昔々から変わらない物。日本人の民族衣装、きもの。
着物が大好きになって、離れられなくなってしまった島谷です。
 

 

8/4(火)8/7(金) きものと帯のコーディネートの仕方【きもの何でも相談室】
お申込みお待ちしております。
 

ご入会で500円クーポンプレゼント♪
友だち追加
アップまるやま京彩グループアップからのお知らせラインもよろしくお願いいたします。