きものを「着たい人」を「着れる人」に まるやま・京彩グループ
来店予約 お問合せ
  1. HOME
  2. 店舗からのお知らせ
  3. 初めて買った着物と帯

SHOP NEWS店舗からのお知らせ

初めて買った着物と帯

2020.07.07

こんにちは。オンライン接客担当、島谷です。
今日も又雨が降るようで、どんよりとした空ですね。
こんな日には着物を着るか?洋服にしてしまうか?
とっても悩みますよね。
最近では扱いの楽な着物も色々と増えましたので
それほど悩まずに済むのかも知れませんが。
 
私が初めて勤めた呉服屋さんはまるやま京彩グループの【きもの京彩・向ヶ丘店】でした。
経験問わず!の文字につられて面接へ。
母親譲りの着物好きが功を奏した結果でしょう♪
そしてあれから、早17年。
 
入社して初めての催事で飾られていた着物と、コーディネートしてあった袋帯。
それはお店の入り口に飾られていて、お客様を毎日お迎えしていました。
茶系の濃淡だけで表現された訪問着仕様の少し光沢のある紬の着物でした。
帯は墨黒の紬の地に細かな桜の花が、渋めの金糸でたっぷりと織られていました。
どちらも初めて目にする創りのものでした。
こんなに素敵な着物や帯があることをあることを、それまで
知らずに生きてきました。母と呉服屋さんに行くことさえあまり無かったように思います。
催事の最終日、何日も見ていたその着物と帯を私はとうとう自分の手に入れたのです♪
初めて勤めた呉服屋さんで初めて買った着物と帯。
本当に今でも大好きな、想い出の着物と帯です。

オンライン接客の準備を進めております。
今週金曜日から始まります。【火曜、金曜開催】
 
↓↓の画像からお申し込み画面に入れます。

沢山の、お申し込みをお待ちしております😊