きものを「着たい人」を「着れる人」に まるやま・京彩グループ
よみもの 来店予約 お問合せ

よみもの- column -

  1. HOME
  2. よみもの
  3. 【浴衣デビューを成功させよう!】浴衣購入・着付け・ヘアメイクのポイント

【浴衣デビューを成功させよう!】浴衣購入・着付け・ヘアメイクのポイント

2024.05.01

浴衣で夏を彩ろう!浴衣選びからヘアメイクまで、おしゃれに楽しむためのポイントをご紹介。

夏の風物詩といえば、浴衣ですよね。花火大会や夏祭りなど、浴衣を着てお出かけする機会も多いのではないでしょうか?

でも、浴衣選びや着付け、ヘアメイクなど、浴衣を上手に着こなすにはいくつかのポイントがあります。

そこで今回は、【浴衣デビューを成功させよう!】浴衣購入・着付け・ヘアメイクのポイントをまとめました。

この記事を読めば、あなたも浴衣を着こなして、夏のイベントを存分に楽しめます!

目次

浴衣の選び方と準備

浴衣は、着物専門店、ネット通販、百貨店、着物リサイクル店など様々な場所で販売されています。

 そんな中でも、浴衣は着物専門店で探すのがおすすめです。

着物専門店での購入がおすすめの理由

• 豊富な品揃えと専門的なアドバイス: 着物専門店では、様々な種類の浴衣や帯を取り揃えており、経験豊富なスタッフが、あなたにぴったりの浴衣を選んでくれます。

• 着付けやヘアメイクを頼めるお店も: 着物専門店の中には、着付けやヘアメイクや写真撮影も依頼できるところがあります。

特に、着付けやヘアメイクのサービスをやっていなくても、店員さんに相談すれば親切に教えてくれますから、初めて浴衣を着る方の助けになりますよ。

ネット通販での浴衣購入のメリット

実店舗へ行けない、忙しいあなたにはネット通販で探すのがおすすめです。ネット通販のメリットはたくさんあります。

着物専門店が運営しているネット通販も多く、近くに専門店がないかたにとても便利です。

ネット通販で浴衣を選ぶメリットは以下の通りです。

  • 豊富な品揃え: 数多くのデザイン、色、素材から選べるため、自分の好みに合った浴衣が見つかりやすい。
  • 時間と場所を選ばない: ネットなら24時間いつでも、どこからでもアクセスして購入できる便利さがあります。
  • 比較しやすい: 異なるショップの商品を容易に比較でき、自分にとって最適な選択が可能なのは何よりの魅力です。
  • セット販売: 帯や下駄などの小物がセットになっていることが多く、コーディネートに悩むことなく一式揃えられるのはなんとも嬉しいことです。
  • レビューで情報収集: 他の購入者のレビューを参考にして、商品の質やサイズ感などの情報を得られるのが特に着物初心者にはありがたいことです。
  • セールや割引: オンライン限定のセールや割引がある場合が多く、お得に購入できるチャンスがあります。ユーザー登録が必要な場合がありますが、ポイントサービスなどを行っている店舗があるので、活用しない手はありません。
  • サイズオプション: 体型に合わせたサイズ選びが可能で、セミオーダーやフリーサイズなどの選択肢が豊富です。
  • 自宅でゆっくり選べる: ネット通販では、自宅でゆっくりと浴衣を選ぶことができます。
  • 価格帯が幅広い: ネット通販では、リーズナブルな価格の浴衣から、高品質な浴衣まで、幅広い価格帯の浴衣を購入することができます。

でも、ネット通販では、実際に商品を見ることができないため、不安を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

ネット通販でのお買い物がより安心・安全に楽しめるよう、いくつかのポイントをご紹介します。

着物のネット通販【都粋】

信頼できるショップを選ぶ

ネット通販を利用する際には、まず信頼できるショップを選ぶことが大切です。

  • 運営会社を確認する: 会社名、住所、電話番号などの情報がきちんと記載されているか確認しましょう。
  • 過去の利用者の口コミを確認する: 実際に利用した人の口コミは、ショップの信頼性を判断する参考になります。
  • セキュリティ対策を確認する: SSL暗号化通信や不正アクセス防止措置などのセキュリティ対策がしっかりとしているショップを選びましょう。

商品情報をしっかりと確認する

商品を購入する前に、商品情報ページをよく読んで、商品の詳細を確認しましょう。

  • 商品の画像や説明文: 商品の画像や説明文をよく確認し、イメージと違う商品が届いてしまうことを防ぎましょう。
  • サイズや素材: 商品のサイズや素材は、必ず確認しましょう。
  • 送料や納期: 送料や納期についても、事前に確認しておきましょう。

疑問点は事前にショップに問い合わせる

商品について疑問点がある場合は、購入前にショップに問い合わせてみましょう。

  • 問い合わせ方法: ショップのホームページや商品ページに記載されている問い合わせ方法を利用しましょう。
  • 問い合わせ内容: 問い合わせ内容を具体的に記載しましょう。

支払い方法は安全なものを選ぶ

ネット通販では、様々な支払い方法が用意されています。

  • クレジットカード: クレジットカードは、比較的高額な商品を購入する場合におすすめです。
  • コンビニエンスストア決済: コンビニエンスストアで支払いできるので、手軽です。
  • 銀行振込: 銀行振込は、手数料がかかる場合があります。

商品が届いたらすぐに確認する

商品が届いたら、すぐに商品に破損や汚れがないか確認することも重要です。

商品に問題があった場合は、すぐにショップに連絡して、交換や返品の対応をしてもらいましょう。

これらのポイントを参考にすれば、ネット通販も安全・安心に利用できますよ!

着物のネット通販【都粋】

百貨店での浴衣購入のポイント

百貨店はもともと呉服屋さんが発祥のお店が多いので、呉服売り場が充実しているのが特徴と言えるでしょう。

• 質の高い浴衣が揃っている: 百貨店では、質の高い浴衣が揃っています。特別な日に着たい浴衣を探している方におすすめです。

• イベント開催が多い: 百貨店では、浴衣の販売イベントや着付け教室などが頻繁に開催されています。

一方で、百貨店ならではの注意すべき点もあります。

• 価格が高め: 百貨店で販売されている浴衣は、一般的に専門店や量販店よりも価格が高めです。品質やサービスが充実しているためですが、予算に合わせて選ぶ必要があります。

• カジュアルな浴衣が少ない: 百貨店では、フォーマルな浴衣が多く取り扱われています。ですから、カジュアルな浴衣を探している場合は、専門店や量販店の方が良いかもしれません。

• 入りづらい雰囲気がある: 百貨店は、高級感のある雰囲気があるため、入りづらいと感じる人がいるのも事実です。

これらのメリット・デメリットを踏まえ、自分に合った浴衣を購入するようにしましょう。

着物屋の店舗

浴衣の種類と選び方

着慣れていない着物。ましてや浴衣が初めてならなおさら、どんな浴衣を選べば良いのか不安になりますよね。そこで、浴衣の選び方を詳しく解説します。

振袖やお召しとの違いと選び方

浴衣は、夏祭りや花火大会などのイベントで着る気軽な着物です。一方、振袖やおめしは、フォーマルな場で着る着物です。浴衣を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

振袖は若い女性の礼装です
訪問着や付け下げは格式の高い着物
気軽に着られるのが浴衣

素材

浴衣は、綿や麻などの涼しい素材で作られていることが多いです。一方、振袖やおめしは、絹などの高級素材で作られていることが多いです。

浴衣は、様々な柄のものがあります。定番の縞柄や花柄のほか、近年では個性的な柄のものも人気です。一方、振袖やおめしは、落ち着いた色柄のものが多いです。

着付け

浴衣は、比較的簡単に着ることができます。一方、振袖やおめしは、着付けに時間がかかり、技術が必要です。

TPO

浴衣は、夏祭りのようなカジュアルな場で着るのが一般的です。一方、振袖やおめしは、成人式や結婚式などのフォーマルな場で着ます。

振袖やおめしと比べて、浴衣を選ぶ際の注意点

  • 素材: 浴衣は綿や麻などが多いので、どうしてもシワになりやすいものなんです。手入れに時間をかけたくないという方は、シワになりにくい加工が施されたものや、自宅で洗濯できるものなどを選ぶと良いでしょう。
  • 柄: 浴衣は柄が多いのが一つの特徴です。でも、派手な柄の浴衣は、カジュアルな印象になりすぎることもあります。TPOに合った柄を選ぶようにしましょう。
  • 着付け: 浴衣は自分で着られるように練習しておくと良いでしょう。着付け教室に通ったり、動画を見ながら練習したりすることができます。

サイズ

女性の浴衣のサイズ選びには、身丈、裄丈、袖丈の3つのポイントが重要です。

  • 身丈: 身丈は浴衣の縦の長さで、一般的には自分の身長と同じくらいが理想的です。身長より5センチ程度長めであれば、おはしょりで調節して着ることができます。

 短すぎると調整が難しいので、長めを選ぶ方が無難です。

  • 裄丈: 裄丈は、浴衣を着た時に腕の部分にくる長さで、お直しがききません。自分の体型に近いものを探すと良いでしょう。

裄丈のサイズを確認する際は、首の後ろの中央にある出っ張った骨から、肩の真上を通って、手首の骨の出っ張ったところまでの長さを測り、測った長さから1〜2センチ引いた長さが、あなたにぴったりの裄丈のサイズです。

  • 袖丈: 袖丈は、腕の下の袋になる部分の長さを指し、49cm前後が一般的ですが、浴衣のスタイルやデザインによって異なる場合があります。

サイズ選びの際は、これらの基本的なポイントを押さえつつ、体型や好みに合わせて選ぶことが大切です。また、仕立て上がりの浴衣(既製品)は万人に合うように作られているため、完全に体にフィットすることは稀ですが、適応サイズを選べば問題なく着用できることが多いです。実際に試着してみることをお勧めします。

男性向けの浴衣選びのポイント

男性用浴衣を選ぶ際には、以下の点に注意すると良いでしょう。

サイズ

男性用の浴衣を選ぶ際には、身丈、裄丈(ゆきたけ)、袖丈(そでたけ)のサイズが重要です。以下の目安を参考にしてください。

  • 身丈: 身長から約28~30cm引いた長さが適切です。例えば、身長が170cmの方であれば、身丈は140cm~142cmが理想的です。浴衣の裾が床に触れないか触れるかの長さ、またはくるぶしが見え隠れするくらいが良いとされています。

浴衣は夏場に着られることが多いので、涼しさを求めて身丈を短くする人がいますが、あまり短すぎると子供っぽく見えてしまいますので、気をつけましょう。

  • 裄丈: 手を下ろした状態で手首の骨が見えるくらいが適切です。手首の骨のでっぱりが隠れると長すぎ、肘まで出てしまうと短すぎるとされています。一般的には、手を45度に下ろした時に手首の骨にかかるくらいが理想的です。
  • 袖丈: 49cm前後が一般的ですが、これは浴衣のスタイルやデザインによって異なる場合があります。袖丈は腕の下の袋になる部分の長さを指します。

これらのサイズはあくまで目安であり、体型や好みによって最適なサイズは変わります。実際に試着してみることをお勧めします。また、仕立て上がりの浴衣(既製品)は万人に合うように作られているため、完全に体にフィットすることは稀ですが、適応サイズを選べば問題なく着用できることが多いです。

素材

男性用浴衣は、綿や麻などの通気性の良い素材がおすすめです。ポリエステルなどの化繊素材は、肌触りが悪く、汗をかくと蒸れやすいので避けましょう。

男性用浴衣は、縞柄や格子柄などのシンプルな柄が人気です。最近では、花柄や動物柄など、様々な柄のものも増えています。

小物

男性用浴衣には、下駄、帯締め、腰紐などの小物も必要です。浴衣に合ったものを選びましょう。

その他

  • 自分の体型に合ったサイズの浴衣を選ぶ。
  • 予算を決めておきましょう。
  • 実際に着てみてから購入するのがおすすめです。

これらの点に注意して、自分にぴったりの浴衣を選んでください。

男性用浴衣は、花火大会や夏祭りなどのイベントで着るだけでなく、普段着としても楽しむことができます。ぜひお気に入りの一着を見つけてください。 

子供用浴衣の選び方のコツ

子供用の浴衣を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

サイズ

子供は成長が早いので、大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。一般的には、身長の100cmに対して、着丈130cm程度のものを選ぶと良いでしょう。また、肩上げや腰上げでサイズ調整ができるものだと、より長く着ることができます 。

素材

子供用の浴衣は、綿や麻などの通気性の良い素材を選ぶのがおすすめです。ポリエステルなどの化繊素材は、肌触りが悪く、汗をかくと蒸れやすいので避けましょう。

デザイン

子供用の浴衣は、様々なデザインのものがあります。子供が好きなキャラクターや動物柄のもの、花柄や縞柄など、定番のものなど、豊富な種類から選ぶことができます 。子供の好みや、着るイベントに合ったデザインを選びましょう。

着付け

子供用の浴衣は、大人用の浴衣よりも簡単に着ることができます。しかし、初めて着せる場合は、事前に練習しておくと良いでしょう。着付け教室に通ったり、動画を見ながら練習したりすることができます。

その他

  • 下駄や帯などの小物も忘れずに用意しましょう。
  • 子供が浴衣を汚さないように、汚れても良い服装で着せましょう。
  • 日焼け対策を忘れずにしましょう。

これらの点に注意して、子供にぴったりの浴衣を選んであげてください。 

浴衣の着付けとアレンジ方法

浴衣は、自分で着ることもできますが、慣れていない場合は、着付けサービスを利用することをおすすめします。

着崩れ防止の着付けポイント

浴衣は、着崩れしやすいので、以下の点に注意して着付けましょう。

•  肌襦袢: 肌襦袢は、浴衣の下に着る肌着です。肌襦袢を着ることで、着崩れを防止することができます。

•  腰紐: 腰紐は、浴衣を体に巻きつけるための紐です。腰紐をしっかりと結ぶことで、着崩れを防止することができます。

•  伊達締め:  伊達締めは、浴衣を体に固定するための紐です。伊達締めをしっかりと結ぶことで、着崩れを防止することができます。






涼しさ重視の浴衣アレンジ術

暑い夏には、涼しく着られる浴衣アレンジがおすすめです。涼しく着られる浴衣アレンジには、以下のものがあります。

• 薄手の浴衣を選ぶ:  薄手の浴衣は、風通しが良く、涼しく着ることができます。

• 麻などの素材を選ぶ:  麻などの素材は、吸湿性と速乾性に優れているため、涼しく着ることができます。

• 透け感のある生地を選ぶ:  透け感のある生地は、風通しが良く、涼しく着ることができます。

• 衿抜きをする:  衿抜きとは衿の後ろの部分を引いて、うなじが見えるようにすることを指します。衿を少し抜くことで、首元に空間を作り、涼しく着ることができます。

• 髪をアップにする:  髪をアップにすることで、首筋を涼しくすることができます。

後ろ姿の浴衣を着た女性
衿抜きで浴衣が粋に着こなせます

個性を出す小物使いのコツ

小物使いは、浴衣の着こなしをワンランクアップさせるポイントです。個性を出す小物使いには、以下のものがあります。

• 帯飾り: 帯飾りは、帯に付けるアクセサリーです。帯飾りを付けることで、浴衣に華やかさを出すことができます。

• 髪飾り: 髪飾りは、髪に付けるアクセサリーです。髪飾りを付けることで、浴衣に可愛らしさを出すことができます。

• 下駄: 下駄は、浴衣に合わせる履物です。下駄を変えることで、浴衣の印象を変えることができます。

• 巾着・かごバッグ: 巾着やかごバッグは、浴衣に合わせる小物の1つです。和風な手提げに変えることで、浴衣の印象を変えることができます。


浴衣にぴったりなバッグは【都粋】で

浴衣のデメリットと解決策

浴衣は、見た目も涼やかで夏らしいアイテムですが、いくつかのデメリットもあります。

浴衣のデメリットとその克服法

•  着付けや手入れが大変: 浴衣は、着物に比べて着付けや手入れが容易です。

それでも、着付けや手入れが苦手な方は、着付けサービスを利用したり、レンタル浴衣を利用したりするのもおすすめです。

• 動きにくい: 浴衣は、洋服に比べて動きにくいです。慣れるまでゆっくりと歩くようにしましょう。

YouTubeでは着物や浴衣を着た時の歩き方を紹介する動画もありますので、参考にしてください。

• シワになりやすい: 浴衣は、シワになりやすいです。シワを防ぐためには、ハンガーにかけて保管するか、畳んで保管する際にシワを伸ばしましょう。

フェスや花火大会向け浴衣の選び方

フェスや花火大会などのイベントでは、人混みの中で着崩れを防ぎ、動きやすい浴衣を選ぶことが大切です。

• ポリエステルなどのシワになりにくい素材を選ぶ: ポリエステルなどのシワになりにくい素材は、洗濯も簡単で、イベントに最適です。

• 動きやすいデザインを選ぶ: 袖の短い浴衣や、丈の短い浴衣は、動きやすくおすすめです。

• 鮮やかな色や柄を選ぶ: 人混みの中でも目立つように、鮮やかな色や柄の浴衣を選びましょう。

着物のネット通販【都粋】

洗濯や手入れのコツと注意点

浴衣を長くきれいに着るためには、洗濯や手入れに気を配る必要があります。

• 手洗いする: 浴衣は、洗濯機で洗うと型崩れしやすいので、手洗いしましょう。

• 中性洗剤を使う: 浴衣は、中性洗剤を使って洗いましょう。

•  陰干しする: 浴衣は、直射日光に当てると色褪せの原因となるので、陰干ししましょう。

• アイロンは低温で当てる: 浴衣にアイロンをかける場合は、低温で当てましょう。

また、浴衣は虫食いにあいやすいので、防虫剤と一緒に保管しましょう。

浴衣レンタル vs 浴衣購入

浴衣を着る機会があまりない場合は、浴衣を購入するよりも、レンタル浴衣を利用するのもおすすめです。

浴衣レンタルのメリットとデメリット

浴衣レンタルのメリットは、以下の通りです。

• 手軽に利用できる: 浴衣レンタルなら、手軽に浴衣を着ることができます。

• 費用が抑えられる: 浴衣レンタルなら、浴衣購入に比べ、費用を抑えることができます。

• 保管場所に困らない: 浴衣レンタルなら、自宅で浴衣を保管する必要がありません。

一方、浴衣レンタルのデメリットもあります。

• 柄や色を選べない場合がある: 浴衣レンタルでは、自分の好きな柄や色を選べない場合があります。

• 返却期限がある: 浴衣レンタルでは、返却期限があります。

永く愛用するための浴衣購入ポイント

浴衣を長く愛用するためには、以下の点に気を付けて浴衣を購入しましょう。

• 自分の体型に合ったサイズを選ぶ: 浴衣は、自分の体型に合ったサイズを選びましょう。

• 好みの柄や色を選ぶ: 浴衣は、自分の好みのの柄や色を選びましょう。

• 質の良い生地を選ぶ: 浴衣は、質の良い生地を選びましょう。

イベントで役立つ浴衣レンタルサービス

浴衣レンタルサービスには、様々なサービスがあります。以下に代表的な浴衣レンタルサービスをご紹介します。

浴衣の選び方と相性の良いシーン

浴衣を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

夏祭りや花火大会に最適な浴衣選び

夏祭りや花火大会には、以下の浴衣がおすすめです。

• 金魚柄: 夏祭りの定番柄です。江戸時代から、金魚は富や幸福をもたらす縁起物として愛でられてきました夏の涼やかさにもぴったりの柄です。

• 花柄: 花柄にも紫陽花、牡丹・芍薬・百合、菖蒲、朝顔など様々なものがあります。花には花言葉があるように、浴衣の花柄にもそれぞれ意味があります。家族団欒、幸福、富貴、優美、魔除け、愛情など様々。その意味を知って、選ぶのも楽しいですね。


着物のネット通販【都粋】

• 花火柄: まさに花火大会にぴったりな柄ですね。粋に着こなして花火を楽しみましょう。

• 縞柄: 涼しげな印象を与えられる柄です。

これらの柄の浴衣は、夏らしい雰囲気を演出することができます。

浴衣選びの際の相性チェックポイント

浴衣を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

• 自分の肌の色: 肌が白い人は、パステルカラーや淡い色の浴衣が似合います。肌が黒い人は、鮮やかな色の浴衣が似合います。

• 顔立ち: 顔立ちが丸い人は、縦長の柄の浴衣が似合います。顔立ちが四角い人は、横長の柄の浴衣が似合います。

• 体型: 体型が細い人は、華やかな柄の浴衣が似合います。体型がふくよか人は、シンプルな柄の浴衣が似合います。

これらの点を参考に、自分にぴったりの浴衣を選びましょう。

浴衣の着用シーン別おすすめコーディネート

浴衣の着用シーンによって、おすすめのコーディネートが異なります。

•  夏祭り: 浴衣に兵児帯を合わせたカジュアルなコーディネートがおすすめです。

•  花火大会: 浴衣に半幅帯を合わせた上品なコーディネートがおすすめです。

•  お盆: 浴衣に絽の帯を合わせた涼しげなコーディネートがおすすめです。

シーンに合わせたコーディネートで、浴衣をさらに楽しみましょう。

浴衣の価格と品質の関係

浴衣の価格は、品質によって大きく異なります。

リーズナブルな価格で本格的な浴衣を手に入れる方法

リーズナブルな価格で本格的な浴衣を手に入れるには、以下の方法があります。

• レンタル浴衣を利用する: レンタル浴衣なら、1万円程度で浴衣を借りることができます。

• リサイクル着物店で浴衣を購入する: リサイクル着物店では、呉服店などで購入するよりかなりお安く浴衣を購入することができます。

• ネットショップで浴衣を購入する: ネットショップでは、様々な種類の浴衣を比較検討することができます。

これらの方法を参考に、自分にぴったりの浴衣を見つけましょう。

着物のネット通販【都粋】

安価な浴衣のポイントと注意すべきこと

安価な浴衣は、以下の点に注意する必要があります。

• 生地: 安価な浴衣は、薄くて透けやすい生地が使われている場合があります。

• 縫製: 安価な浴衣は、縫製が粗い場合があります。

•  色落ち: 安価な浴衣は、色落ちしやすい場合があります。

これらの点に注意して、安価な浴衣を購入しましょう。

高品質な浴衣の特徴と価格相場

高品質な浴衣は、以下の特徴があります。

• 生地: 厚手で丈夫な生地が使われています。

• 縫製: 丁寧な縫製がされています。

•  色落ち: 色落ちしにくい加工がされています。

着物専門店、通販サイト、百貨店、リサイクル着物店など店舗別の浴衣の価格相場

浴衣の価格は、店舗の種類や品質、デザインによって大きく異なります。以下、それぞれの店舗における浴衣の価格相場をご紹介します。

着物専門店

  • 高級な浴衣: 数万円~数十万円
  • 上質な浴衣: 数万円~十万円以下
  • セット販売の浴衣: 数千円~ 着物専門店は、品質の高い浴衣を豊富に取り揃えています。また、店員さんに相談しながら選ぶことができるので、自分にぴったりの浴衣を見つけることができます。ただし、他の店舗に比べて価格が高めです。

通販サイト

  • 浴衣単品: 数千円~数万円
  • 浴衣セット: 数千円~数万円

通販サイトは、着物専門店に比べて価格が安い傾向があります。また、自宅でゆっくりと選ぶことができるというメリットもあります。ただし、実際に浴衣を見ることはできないので、サイズや品質を確認することが重要です。

百貨店

  • 浴衣単品: 数万円~十万円
  • 浴衣セット: 数万円~十万円

百貨店は、着物専門店や通販サイトに比べて価格が高めですが、品質の高い浴衣を揃えています。また、店員さんに相談しながら選ぶことができるので、自分にぴったりの浴衣を見つけることができます。

リサイクル着物店

  • 中古の浴衣: 数千円~数万円

リサイクル着物店では、中古の浴衣を安く購入することができます。中には、新品同様の浴衣も見つけることができます。ただし、サイズやデザインが限られている場合があります。

浴衣の価格は、上記以外にも様々な要素によって変動します。 

浴衣を楽しむための知識とテクニック

浴衣一式のイラスト
浴衣を楽しむ一式

浴衣をより楽しむためには、知識とテクニックをご紹介します。

浴衣を着こなすための基本的な知識

浴衣を着こなすためには、以下の基本的な知識を身につけておくと何かと便利です。

• 着付け: 浴衣の着付け方を覚えておきましょう。

• ヘアメイク: 浴衣に合ったヘアメイクをしましょう。

• 小物: 帯締めや帯揚げなどの小物で、全体のコーディネートをワンランクアップしましょう

これらの知識を身につけることで、浴衣をより美しく着こなすことができます。

浴衣で盛り上がるお祭りのコツ

浴衣でのお祭りをより楽しむためには、以下のコツがあります。

• 浴衣に合った下着を選ぶ: 浴衣の下には、専用の肌襦袢や裾除けを着用しましょう。

• 歩きやすい履物を選ぶ: 浴衣には、下駄や草履などの履物がおすすめです。

• 荷物は最小限にする: 浴衣は動きにくいので、荷物は最小限にしましょう。

これらのコツを参考に、浴衣でのお祭りを存分にお楽しみください。

浴衣と帯の着こなしで周囲を魅了する方法

浴衣と帯の着こなしで周囲を魅了するには、以下のポイントに注意しましょう。

• 色の組み合わせ: 浴衣と帯の色は、補色関係や類似色関係など、色の組み合わせのルールを参考に選びましょう

• 柄の組み合わせ: 浴衣と帯の柄は、大小や濃淡などをバランスよく組み合わせましょう

これらのポイントを参考に、自分だけのオリジナルコーディネートを楽しみましょう。

浴衣の着付けをマスターする

浴衣を自分で着付けられるようになると、より一層浴衣を楽しむことができます。

• 着付け教室に通う: 着付け教室に通えば、着付けの基本をしっかりと学ぶことができます。

• 動画で学ぶ: インターネットには、浴衣の着付けを解説した動画がたくさんあります。

• 本で学ぶ: 浴衣の着付けを解説した本もたくさん出版されています。

自分に合った方法で、浴衣の着付けをマスターしましょう。

浴衣はもともとかジュラルなものです。気後れせずにどんどん来て見ることが大切です。習うより慣れろ、の気持ちでチャレンジしましょう。

浴衣の手入れ方法

浴衣はデリケートな衣類なので、お手入れには注意が必要です。浴衣のお手入れで気をつけるべきことをご紹介します。

洗濯

  • 浴衣は、基本的に自宅で洗濯することができます。

木綿などの生地の場合は、どんどん水洗いをすべきだと言う専門家もいます。

ただし、洗濯機ではなく、手洗いがおすすめです。洗濯機で洗うと、生地が傷んだり、色落ちしたりする可能性があります。

  • 洗剤は、中性洗剤を使用してください。蛍光増白剤入りの洗剤は、色落ちの原因となるので避けましょう。
  • 洗濯後は、形を整えて陰干ししてください。直射日光に当たると、色褪せの原因となります 。

シミ抜き

  • シミがついてしまった場合は、すぐにシミ抜きをすることが大切です。時間が経つと、シミが落ちにくくなります。
  • シミの種類によっては、自宅でシミ抜きできないものもあります。そのような場合は、呉服店やクリーニング店に相談しましょう。

保管

  • 浴衣は、洗ったらしっかりと乾燥させてから保管してください。湿気の多い場所に保管すると、カビや虫食いの原因となります。
  • 浴衣は、シワになりやすいので、たとう紙に包んで保管することをおすすめします 。

その他

  • 浴衣は、汗をかいたらすぐに脱いで、風通しの良い場所で陰干ししましょう。
  • 長期間着用しない場合は、年に一度程度、洗濯してシミやカビがないか確認しましょう。

これらの点に注意すれば、浴衣をきれいに長く使うことができますよ。

浴衣をクリーニングに出す際に気をつけるべきこと

浴衣もクリーニング店などに出して手入れすることも可能です。そんな際に注意すべきことをご紹介します。

クリーニング店を選ぶ

  • 浴衣はデリケートな衣類なので、着物を取り扱っているクリーニング店を選びましょう 。
  • 多くのクリーニング店では、着物専用のコースを用意しています。
  • 料金や納期、仕上がりなどを比較して、自分に合ったお店を選びましょう。

シミや汚れを確認する

  • クリーニングに出す前に、浴衣にシミや汚れがないか確認しましょう。
  • シミや汚れがある場合は、自宅で洗濯するか、シミ抜き専門店に依頼しましょう。
  • シミや汚れが付着したままクリーニングに出すと、落ちにくくなる可能性があります。

素材を確認する

  • 浴衣の素材によっては、クリーニングできないものがあります。
  • クリーニングに出す前に、浴衣のタグを確認して、クリーニングできるかどうか確認しましょう 。
  • それでもわからない場合は、クリーニング店に相談しましょう。

伝票に記入する

  • クリーニングに出す際には、伝票に以下の情報を記入しましょう。
    • 氏名
    • 住所
    • 電話番号
    • クリーニングする浴衣の種類
    • シミや汚れの箇所
    • その他、伝えたい事項

仕上がりの確認をする

  • クリーニングから浴衣を受け取ったら、仕上がった浴衣に問題がないか確認しましょう。
    • シミや汚れが残っていないか
    • 色落ちや色移りしていないか
    • 生地が傷んでいないか

問題があれば、クリーニング店に連絡しましょう。

浴衣を購入する際の気を付けるべきポイント

浴衣を購入する際には、以下の点に注意しましょう。

浴衣の着用シーンや予定に合わせた選び方

浴衣を選ぶ際には、着用シーンや予定に合わせましょう。

• 夏祭りや花火大会: 浴衣に兵児帯を合わせたカジュアルなコーディネートがおすすめです。

• お盆: 浴衣に絽の帯を合わせた涼しげなコーディネートがおすすめです。

• 略式のパーティー: 浴衣に半幅帯を合わせた上品なコーディネートがおすすめです。ただし、お茶会、結婚式や正式なイベントでは浴衣の代わりに格式高い着物が相応しい選択となります。

シーンに合わせたコーディネートで、浴衣をさらに楽しみましょう。

浴衣選びで失敗しないための豆知識

浴衣選びで失敗しないためには、以下の豆知識を覚えておきましょう。

• レンタルで試してみる: 浴衣を購入する前に、レンタルで試してみるのもおすすめです。有名な観光地には着物のレンタルショップが必ずありますので探してみてください。

• 専門店で購入する: 浴衣専門店で購入すれば、着物の専門家である店員さんに相談しながら選ぶことができます。初心者こそ、専門家を使い倒しましょう。

• ネットショップで購入する: ネットショップで購入すれば、様々な種類の浴衣を比較検討することができます。どんなに時間をかけても、誰からも文句を言われませんから、ごゆっくりと選んでください。

これらの豆知識を参考に、自分にとってぴったりの浴衣を見つけてください。

バナー広告
着物のネット通販【都粋】

まとめ

浴衣は、日本の伝統的な衣服であり、夏のお祭りやイベントなどで多くの人が着る人気アイテムです。

浴衣を選ぶ際には、自分の体型や肌の色、着るシーンなどに合わせて選べばもっと楽しくなるはず。

また、浴衣の着付けや手入れの方法についても知っておくと、より一層浴衣を楽しむことができます。

浴衣を上手に着こなして、夏のイベントを存分に楽しみましょう!