きものを「着たい人」を「着れる人」に まるやま・京彩グループ
よみもの 来店予約 お問合せ

よみもの- column -

  1. HOME
  2. よみもの
  3. 着物と浴衣の違いは?それぞれの着用場面(シーン)をご紹介!

着物と浴衣の違いは?それぞれの着用場面(シーン)をご紹介!

2024.05.15

着物と浴衣は、どのような違いがあるのでしょうか。
着物は「冠婚葬祭の時に着る」衣類で、浴衣は「夏の季節に着用する」というイメージの人が多いのではないのかと思います。

ですが、もしも夏の季節に結婚式のお祝い事や弔事がある場合、「夏の季節の着物だから」と言って浴衣を着用してもいいのかと、考えてしまいますよね。

今回は、着物と浴衣の違いや、それぞれの着用場面(シーン)をご紹介します。

1.着物と浴衣の違いは?

着物と浴衣の違いをご紹介します。
まずは、それぞれの始まりの歴史から紹介しますね。

1着物とは?

とても昔の着物は、ワンピースタイプやズボンやスカートの上に衣類を着る、という組み合わせで着用されていました。

今の着物の形(小袖)になったのは「平安時代」と言われています。


平安時代の貴族は、「十二単衣」という装束で着物を重ね着していました。
ですが武士(武家)や一般の人たちは、貴族たちが十二単の下に着ていた「小袖」を着て生活をしていたそうです。

やがて貴族の時代から武士の時代に変わると、武士が着用していた小袖が主流になり、江戸時代に今の着物の姿ができました。

2浴衣とは?

諸説ありますが、昔、浴衣は「湯帷子(ゆかたびら)」と呼ばれていました。

湯帷子は、お風呂に入るときに着用されていた衣服で、昔のお風呂は今で言う「サウナ(蒸し風呂)」だったそうです。
汗を取りつつ、蒸気でヤケドをしないように、湯帷子を着て入浴していたそうですよ。

その後、時代の流れと共に、お風呂は蒸し風呂から、お湯を張るお風呂へと変化していきました。
その流れの中で、湯帷子を着用せず、裸でお風呂を楽しむようになり、湯帷子は「お風呂上り」に着用するようになり、寝間着にも使われるようになったのです。

3着物と浴衣は「和服」というカテゴリー

着物と浴衣は、和服というカテゴリーに入ります。
和服とは、日本の衣服の事です。

着物や浴衣は、生まれた歴史は違いますが、日本で昔からある衣類ですから、二つとも「和服」というカテゴリーにはいります。

着物は、もともと「着る物」という意味でした。
ですが、明治時代から少しずつ「洋服」が日本で親しまれるようになり、それまでの衣類の事を「和服」と呼ぶようになり、さらに「和服=着物」と定着したため、振袖や留袖などの和服が「着物」と呼ばれるようになり、今に至ります。

2.着物と浴衣の違いとは?「着付け方法や道具が違う」

着物と浴衣には「歴史」という、大きな違いがありました。
ですが、他にも違いはありますので、ご紹介しますね。

1着物と浴衣の違い「着物の着付けや道具」

着物と浴衣の着付けは、用意する小物も違います。

着物の着付けに必要なアイテムは下記になります。 

・長襦袢
・半襟
・丸帯・袋帯・名古屋帯・半幅帯など
・帯揚げ・帯締め(帯枕も)
・足袋
・草履・下駄・雪駄

着物では、長襦袢に半襟を付け、帯には帯揚げや帯締めが必要です。
そして、着物の時には足袋を履くことがマナーですから、足袋の用意もしておきましょう。

2着物と浴衣「浴衣の着付け」

浴衣の着付けと着物の着付けは違います。
浴衣の着付けと、着物の着付けを比べてみました。

・浴衣は、長襦袢を着用しない
・浴衣の帯は、半幅帯・兵児帯(子供用の帯)
・浴衣は帯締め、帯揚げ、帯枕をしない
・素足(足袋を履く時もある)で下駄

浴衣の方が着物よりも、着付けが簡単で道具も少ないです。
あまり着物を着たことが無い人も、浴衣から着物生活を始めてみることをおすすめします。

3.着物と浴衣の違いは?「素材の違い」

着物と浴衣の違いに「素材」があります。

1着物の素材は?

着物が作られている素材は、正絹から化繊と幅広い素材で作られています。
素材の特徴は下記になります。


  • 正絹…光沢があり、柔らかい
  • 麻…肌触りがサラリとしている、少し繊維が固い
  • 紬…先染めの糸で織られた布地、シワになりにくい
  • ウール…厚みがあり暖かい
  • 化学繊維(ポリエステル)…化学繊維の布で作られた着物。近年では「自宅で洗える着物」としても販売されている

着物の布地は、さまざまな素材があります。

2 浴衣の素材は?

浴衣の素材は、汗を吸いやすい綿や化繊と、自宅でも洗濯ができる、お手入れのしやすい素材で作られています。

素材の特徴は下記になります。


  • 綿…水分を吸いやすい
  • 化学繊維(ポリエステル)…発色がよく、自宅で洗える。吸湿性、速乾性に優れている

浴衣の素材は、綿だけではなく他の布地もありますが、最近は、お手入れのしやすい化学繊維も人気です。

4.着物と浴衣の違い「着用する季節がある」

着物と浴衣の違いとして、「浴衣は、着用する季節が限られている」という点があります。

1着物と浴衣、着用する季節はいつ?

着物と浴衣の着用する季節をご紹介します。

  • 着物は、1年中着用できる
  • 浴衣は、夏の季節(6月~9月)に着用する

「夏の季節は浴衣」というイメージがありますが、夏の季節でも着物は着用できます。

2着物は、仕立ての違う着物がある

着物には、「袷(あわせ・裏地が付いている)」と「単衣(裏地が付いていない)」という、季節に適した着物があるのです。

下記の時期が、着物の衣替えの季節になります。

・袷…10月~4月

・単衣…6月~9月

単衣の着物は、浴衣の季節と重なりますが、夏用の着物として着用します。

3 夏用の着物とは

夏用の着物として、麻の布地の着物だけでなく、絽(ろ)や紗(しゃ)などの、薄くて涼しい素材で作られた着物があります。

ただ単衣の着物を着る季節が短いので、目にする機会も少ないかもしれません。

絽や紗の着物は、涼しさだけでなく、凛とした美しさも感じさせてくれる着物です。

絽や紗の長襦袢もありますから、単衣の着物を着用する時には、忘れないように用意しましょう。

5.着物と浴衣の違いは?それぞれの着用場面(シーン)をご紹介

着物と浴衣の違い、それぞれの着用場面(シーン)をご紹介します

1着物の着用場面(シーン)は?

着物はどのような場面(シーン)で着用するのでしょうか。
着物は、素材によって着用するシーン(場面)も変わります。


  • 正絹…フォーマル・セミフォーマル
  • 紬、化繊(ポリエステル)…カジュアル

正絹で作られた着物は、主に公式なシーンで着用する「フォーマルウエア」と考えれば、わかりやすいかもしれませんね。
紬や化繊の着物は、外出する時のおしゃれ着や普段着として、よく着用されています。

2浴衣の着用場面(シーン)は?

浴衣を着用する主な場面(シーン)は、カジュアルな場です。

浴衣は、寝間着や部屋着として着用されていますが、夏祭りや花火大会で着用している人も多いです。

近年は、華やかな色や柄の浴衣も多く販売されていますし、着物よりもリーズナブルです。

浴衣でおしゃれを楽しんでくださいね。

まとめ

今回は、着物と浴衣の違いや、それぞれの着用場面(シーン)をご紹介しました。


  • 着物と浴衣は、生まれた経緯(歴史)が違う
  • 着物と浴衣は、着付けの方法や素材が違う
  • 着物と浴衣は、着用する場面(シーン)が違う

着物と浴衣は、「着物」というカテゴリーの中で一つにまとめられています。

着物はフォーマルな場面で着用できますが、浴衣は、カジュアルなシーンに向いている衣服です。

浴衣は、着付けが着物よりも工程が少ないため、着物初心者にはおすすめの着物です。

帯の結び方もたくさんありますから、おしゃれを楽しんでくださいね。

 

まるやま・京彩グループでは、着物好きの皆さんがステキな着物ライフを送れるよう、お役立ち情報発信をしていきます!

着物のことをもっと知りたい、着物をもっと楽しみたい、そんな声にお応えするブログを目指しています。