浴衣帯結びのフロントアレンジ

帯の結び方のアレンジに加えて、フロント部分も一工夫でゆかた上級者になろう♪
一人でフロント部分のアレンジをする時は、先にフロントになる部分を作って留め具で固定
してから再度一から帯結びをするか、お友達や家族の人に手伝ってもらいましょう。

右腕の長さにテを取って後ろに回し、タレを胴へふた巻きするまでは一緒! ふた巻き目で変化をつけます。


ふた巻き目に、右脇から斜めにかけて帯の下の柄を見せるように折り返します。
そのまま後ろに回して、帯結びをしましょう。


右腕の長さにテを取り後ろに回し、タレの上を2cmほど外側へ折り返し胴に巻きます。
ふた巻き目、3巻き目と、少しずつずらしながら同じく上を折って巻いていきましょう。

ふた巻き目に、右脇から斜め上に向かって、両面の柄が見えるようねじり上げます。 そのまま後ろに回して、帯結びをしましょう。


浴衣帯結びのもっと簡単フロントアレンジ

プチ兵児帯を後ろから前へ回し、前で一度ひと結びして、リボン結びを作ります。


次はひと結びはせず、そのままにリボン結びをし、リボン部分を綺麗に広げて結び目を整えたら完成

兵児帯でも、サイズが短く帯と併用して使うプチサイズのタイプなら、フロントアレンジにも使OK!


リボン部分は左右のどちらかを端寄りに作るとバランス良く
見えます。ダブルでリボンを重ねるだけで、とっても華やか
なフロントになりますよ♪


今人気の浴衣アレンジ小物の一つ、 帯留♪紐に帯留がセットになったものも販売しています。少し着物風になれるお手軽アレンジですよ。


帯をした後、レース付きの前板を帯の間にゆっくりと入れ込みます。
帯を他の人に結んでもらう時は、ひと巻き目に前板を差し込んでもらいましょう

帯ひもを結びます。結んで余る部分は胴に巻いている部分に目立たないようにキレイに挟み込み、前から見えないように後ろへ結び目を回して帯留部分は前に来るように回します。


ページのトップへ戻る