ゆかた編

基本の一文字結びをマスターしよう


テの長さを決めます

1.テの長さを決めます

帯の右側を半分の幅に折り、右腕の長さ分を目安に取ります。折り目が下になるように持ちましょう。この部分が「テ」、残った長い方が「タレ」と言います。

テが上に出るように帯を胴にふた巻きします

2.テが上に出るように帯を胴にふた巻きします

テを身体の中心に当て、テが帯の上から出るようにタレを胴にふた巻きします。巻き終わったらテとタレをもう一度左右に引き締めて、苦しくない程度に巻きます。

テでタレをくるむようにひと結びします

3.テでタレをくるむようにひと結びします

タレを脇から三角になるように下を織り込み、体の前でテをタレの上に重ねて交差させ、テでタレをくるむようにひと結びします。この時、テもタレも折り目の方を持って締めましょう。


結び目を縦にして帯の上にのせます

4.結び目を縦にして帯の上にのせます

3の結び目が縦になるようにし、もう一度キュッと結び目を締めます。結び目は帯の上に乗せると、帯結びが崩れにくくなります。

テレを綺麗に広げます

5.テレを綺麗に広げます

テは邪魔にならないよう右肩にのせて預けます。タレを結び目からキレイに広げて下に垂らします。

広げたタレを折りたたみ、羽根を作ります

6.広げたタレを折りたたみ、羽根を作ります

タレを先から内側に折りたたんで、肩幅ほどの幅になるよう羽を作ります。羽が帯の結び目の中心に来るようにしましょう。


羽根の中心をつまみ、ひだを作ります

7.羽根の中心をつまみ、ひだを作ります

羽根の中心がM字型になるようにひだを作ります。

テを下ろします

8.テを下ろします

右肩に預けておいたテを下し、M字型のひだの上にかぶせましょう。

下テで羽根を巻き、余ったテを隠す

9.テで羽根を巻き、余ったテを隠す

かぶせたテを帯の結び目の下からくぐらせ、上へ引き上げ抜きます。もう一度同じ手順で巻きつけ、しっかりと上に引き上げましょう。引き上げたテ先は、上から帯と浴衣の間に入れ、真下に引き下ろします。帯の下に出たテ先を小さく折り曲げて、帯の中に隠します。


帯を時計回りに後ろへ回します

10.帯を時計回りに後ろへ回します

羽根の形を左右均等に整えてから、右手で羽根の結び目を持ち、左手で帯の後ろ側を持って、羽根が背中の中心に来るようにゆっくり時計回りに回します。この時に衿合わせが乱れないように注意しましょう。


ページのトップへ戻る