【 スペシャリストスタッフ 】

■特選呉服京彩 海老名店

【きものアドバイザー】 - Tomoko Morita - 2007年入社

「私達の仕事は、お買い上げ後からが本当のおもてなしスタートです!」



Q.入社前はどんな職業でしたか?

A.事務職をしていた40代の頃に着付けの資格を取得し、式場で結納や結婚式の着付けを担当していました。

その後、他社で着物の販売員をしておりました。

Q.まるやま・京彩グループを選んだ決め手は?

A.子供の頃の授業参観は、いつも母の着物姿が頭に浮かんでいて、いずれは私も呉服に関する仕事に

仕事に就きたいと考えていました。
前職も呉服の販売員でしたが、まるやま・京彩グループの話を聞き、知り合いに紹介して頂き面接へ。
社長をはじめ、他の役員の方も気さくな方ばかりで話しやすく、面接の翌々日には出勤となりました(笑)

Q.入社から現在までのキャリアを教えてください。

A.2007年10月 きもの京彩海老名店へパート入社、3ヶ月後正社員へ昇格

2010年 振袖販売枚数第一位獲得 優秀社員賞受賞

2011年 振袖販売枚数第一位獲得 優秀社員賞受賞

2012年 振袖販売枚数第一位獲得 優秀社員賞受賞

新人社員研修 振袖販売関連講師担当

Q.あなたの仕事内容は?

A.スペシャリストコースの社員やパートは、接客・販売に関連する全てを任されます。

私たちの仕事はお買い上げいただいて終わりではなく、そこからが本当のおもてなしが始まります!
完璧なお仕立てとご納品、着用されてからのメンテナンスフォローにも細やかな気を配ります。
お客様とはお買い上げ後からが長いお付き合いとなりますので、信頼して頂けるよう心がけています。

Q.この仕事で身に付くことは何ですか?

A.やはり着物を着る回数が増えますので、見た目良く、かつ動きやすく楽に着られる着方が身に付きます。

私たちはお客様へのコーディネイトをご提案する立場ですので、着物での立ち居振る舞いも重要です。
この業界は間口が広く、様々な年代の方との出会いがありますので、失礼の無い会話や言葉使いも上達します。

Q.この仕事で一番思い出に残る感動エピソードを教えてください。

A.京彩 海老名店には写真スタジオが併設されていますので、私がコーディネイトした振袖のお嬢様が満面の笑みで

記念写真を撮られている姿を拝見することが出来ます。
お母様から「お陰様で」とお声をかけて頂き、お嬢様の振袖姿をいち早く拝見することはこの上ない幸せです。
また、当店でご用意して下さった着物の初出番の日、「やはりあなたに着付けをして欲しいわ」と、着付けの
依頼を頂いくこともございます。
それだけでも嬉しいのですが、お出掛けからの帰りにお店に寄って頂いた際、「本当に素敵!良い着物ね。と皆に
褒められました」という言葉まで頂き、女性を美しく演出するこの仕事にやりがいを感じます。

Q.最後に!中途採用の先輩としてコメントをお願いします。

A.現在は研修会もあり、内容も充実していますので様々なことが学べます。

お店のスタッフも20代からバランス良く幅広く在籍していますので、楽しく働けますよ。
安心して、第一歩を踏み出してください。
お互い切磋琢磨出来る仲間をみんなお待ちしています。


ページのトップへ戻る