【 MG(マネジメント)スタッフ 】

■自由が丘まるやま・コピス吉祥寺店 店次長

長谷部 雅俊 - Masatoshi Hasebe - 2011年入社

「着物の知識はゼロで入社!自国の文化を守る姿勢に感化され、当社を選びました」



Q.入社前はどんな職業でしたか?

A.飲食店のスタッフをしていました。海外が好きで留学経験もあります。

Q.まるやま・京彩グループを選んだ決め手は?

A.元々海外が好きで、旅行をよくしていました。

他国の文化に触れていくうち、自国の文化へもとても興味が湧き、まるやま・京彩グループの
「日本文化を守り、発信していきたい」という姿勢に共感!
中でも当社は20~30代の若い人材も多く勢いがあり、向上心を持って仕事に取り組んでいたところが決め手でした。
社長をはじめ、私の上司や先輩達が仕事に遊び心を持って楽しんでいたところも魅力の1つですね。

Q.入社から現在までのキャリアを教えてください。

A.2011年10月、MG(マネジメント)社員として中途採用され、吉祥寺店へ配属。

2012年7月、規定の昇格ラインに到達することができ、主任へ昇格。
同年10月、実績が認められ店次長へ昇格。

Q.あなたの仕事内容は?

A.店舗スタッフとしての接客や販売はもちろん、お客様お一人お一人としっかり向き合い

何がその方にとって必要であるか、ベストなのかを常に頭において行動しています。
また、接客販売以外の店舗運営のマネジメント業務も任されています。

Q.この仕事で身に付くことは何ですか?

A.吉祥寺店は現在振袖が中心となっているお店で、お客様とはご家族単位でのお付き合いになります。

同じく「着るもの」を販売する一般のアパレル業界では、こんな経験はほとんど出来ないと思います。
お客様との距離が近く、深い信頼関係を築けるレベルの高い接客力が身に付きます!

Q.この仕事で一番思い出に残る感動エピソードを教えてください。

A.当店へ振袖を見に親子様がご来店されたのですが、最初はお嬢様が「振袖は着たくない!」と・・・

わたし達とお母様の「着て良い思い出を残してほしい」という想いに応えて頂け、
最終的には振袖をご購入いただけました。
後日、「式には出席しなかったけど、記念に振袖を着て食事に行きます。」と、その親子様が
お店にいらしてくれました。
その時、お嬢様から「ありがとう」という言葉を頂き、涙が出るほど嬉しく、
一生の記念日に携わることのできるこの仕事で、本当に良かったと思いました。

Q.最後に!中途採用の先輩としてコメントをお願いします。

A.私は着物の知識がゼロで入社しました!

当グループの研修は素晴らしい質ですし、何より大切なのは、まず知識よりも「やる気」です。
その気持ちがあれば、研修はもちろん、先輩達から生きた知識をどんどん学べます。
ぜひ、お客様との感動の出会いを体験してください!


ページのトップへ戻る