男の着方レッスン~男だってきものが着たい!~

きもの自由区4-1

男性のための着方レッスンを開講しました。着物の着方が分かれば、きものはもっともっと楽しくなる!

講師に、きもののスペシャリスト山市武司先生をお迎えし、実際に山市先生に着付けを見せて頂きながらレッスンを行いました。

それでは、おさらいをしてみましょう!
レッスンを受けた方もそうでない方も一緒に着付けにチャレンジ!

『山市先生の男のきもの着方レッスン』

 

男の着物着付け【着方レッスン】4-2

1、まずは、足袋を履きましょう。
サイズはピッタリめがいいですね。

男の着物着付け【着方レッスン】4-3

2、長襦袢を羽織り、背の中心に
衿の中心がくるように合わせましょう。

男の着物着付け【着方レッスン】4-4

3、長襦袢の左右の衿先を身体の前方で合わせます。もう一度背中心と長襦袢の背縫いの線を合わせておきましょう。


男の着物着付け【着方レッスン】4-5

4、次は上前(左手)を広げ、下前(右手)を腰に引き寄せます。
このとき、背中心がずれないよう気をつけましょう。

男の着物着付け【着方レッスン】4-6

5、腰紐を左右の腰の位置にあて、背中にまわし前で二回絡げて締め、結び目を180度回転させて、残った紐を左右に振って腰紐に絡めます。

男の着物着付け【着方レッスン】4-7

6、長襦袢が着られたら、次は長着を羽織ります


男の着物着付け【着方レッスン】4-8

7、長襦袢と同様、衿先を合わせたら下前の衿先を左の腰に引き付けます。やや裾先を上に持ち上げるようにしましょう。

男の着物着付け【着方レッスン】4-9

8、腰紐を結びます。覚えていますか?長襦袢のときと同じ要領ですよ。

 

男の着物着付け【着方レッスン】4-10

9、長襦袢のときと同じように、結んだら背中にまわし前で二回絡げて締め、結び目を180度回転させて、残った紐を左右に振って腰紐に絡めます。
これで、着物も着られました。
さあ、あと少し。頑張りましょう。


 

男の着物着付け【着方レッスン】4-11

10、次はいよいよ帯です。今回は角帯の最も代表的な結び方「貝の口」です。
これさえ覚えておけば困ることはありません。
まずは、「手先」になる側の端を決め、帯幅を半分に折ります。。

男の着物着付け【着方レッスン】4-12

11、帯を一巻きして、腰の端から握りこぶし1つ・2つくらいの長さになるように、「手」の長さを決め、左手で手先を持ちます。
「手」を上にして帯を胴に2回くらい巻きつけましょう。

男の着物着付け【着方レッスン】4-13

12、3回目を巻く手前で左手の余った帯を持ち、余った帯の裏側同士が向かい合わせになるように重ねます。
重ねた帯は内側にきれいに折り込みます。そして、上の部分の「垂れ」を「手」の下にくぐらせて上に引き上げ締めます。


男の着物着付け【着方レッスン】4-14

13、12をするとこのようになります。次に「手」を斜め上に折り上げ、次に「垂れ」をおろして「手」を包み込むように斜めに結ぶます。
「垂れ」を先に下におろしても構いません。

男の着物着付け【着方レッスン】4-15

14、13をするとこうなります。結び目のねじれなどを直し形を整えます。

 

男の着物着付け【着方レッスン】4-16

15、これで、帯結びは完成です。ここまで、いかがでしたか?
はじめはなかなか上手くいかないものですから何回か練習してみましょう!
着付けは馴れることが肝心です。さあ、あと一歩。仕上げですよ!


男の着物着付け【着方レッスン】4-17

16、着物が着崩れないように、帯を時計回りに回して結び目をくるっと後ろに持って行きましょう。

男の着物着付け【着方レッスン】4-18

17、最後に帯をぐっと下におろして、帯が前下がり後ろ上がりにしましょう。
これで、かっこよく着物が着られますよ。

 

男の着物着付け【着方レッスン】4-19

☆ポイント☆

お腹周りに補正が必要な方は、懐にお財布や手拭いを入れて割腹が良いお腹をつくりましょう。もし、わからないことがあれば、まるやま・京彩グループのスタッフにおたずね下さい。


ページのトップへ戻る