きもののお手入れ・メンテナンス

食べ物や飲み物をこぼしてしまった、タンスにしまったままの着物が心配・・・など、
当グループではきものに関する修理・メンテナンスも随時ご相談を承っております。

しみ抜き・修正

きものしみ抜き

シミや汚れといってもトラブルの原因は様々です。症状にあわせた専門的な手法でトラブルを解決出来ます。何のトラブルか分からない時は専門店にご相談ください。きものの状態を見て、トラブルに合った処置をお勧めします。

  • ・食事の時に付けてしまったシミ・・・染み抜き
  • ・古いきものの金彩がはがれてしまった・・・箔直し
  • ・直射日光で色が褪せた・・・ヤケ直し
  • ・帯を締める胴周りや膝の辺りのスレ・・・スレ直し
  • ・湿気を帯びたままタンス保管でカビが発生・・・カビ落とし
  • ・紋の色が薄れた時は・・・紋直し
  • ・刺繍がほつれたとき・・・刺繍直し

黄変抜き

しみや汚れは放置しておくと酸化して黄変します。黄変はとても頑固なため、丸洗いやしみ抜きでは落とせません。漂白作用のある薬品を使用して抜きますが、生地の色も同時に抜けてしまいます。そこに色を掛けて、地色と同色に仕上げます。高度が技術が必要です。

黄変抜き

【黄変直し】の出来ない一例

  • ・襦袢と裏地(八掛・胴裏)・・・生地が薄く、染めの堅ろう性が低いため
  • ・生地が(脆化して)弱っているもの
  • ・黄変が進み過ぎたもの(焼け焦げの様な茶褐色に変色したもの)

 

工芸修正

美術品の修正作業に似ています。柄を付け足したり箔直しをしたりして汚れを隠します。
箔直しでは、着物にあった型紙(フィルムで)をつくり、ピースガンや筆で様々な加工を施します。主に金箔が取れたものを修復していますが、他に柄が派手になってしまったのを地味にしたり、シミが抜けない個所に柄を描き足したりします。

黄変抜き
ヤケ直し
ヤケ直し

色ヤケは様々な理由が考えられます。ヤケた部分が退色し、隠れていた部分と大きく差が出ます。それをピースガンなどで色を掛け合わせていく、超難度のワザです。広範囲な色ヤケにも対応可能です。


 

保管パック

保管パックには「シルクパック」と「しあわせパック」があります。収納スペースに悩む方は多いもの。そんな保管に最適なメニューです。袋の中の酸素を完全に抜いて窒素ガスを注入するので、保管中の湿気によるトラブルが起こる心配がありません。

保管パック

しばらく着用予定のないきものや、子供の祝い着、思い出の振袖など、アイテムを選んでパック保管すれば、スペースがより有効に使えます。

保管パックのメリット

  • ・防虫、防カビ効果
  • ・黄変防止
  • ・湿気遮断による縮み防止
  • ・きものの保護(埃や水漏れ、水害等)
  • ・金銀箔系の黒変防止
  • ・酸化退色の防止
  • ・虫干し等の手入れが不要
保管パック

 

虫干し加工
虫干し加工

虫干し加工は、オゾンの力でカビや雑菌を殺菌。しょうのうやカビ、煙草の臭いもカット。湿気を取り除き、きものをふっくら仕上げる効果もあります。


 

お問い合わせ

※お見積もりやご相談、ご質問等ございましたら最寄りの店舗まで直接お問い合わせください。

【 店舗一覧はこちら!→ まるやま・京彩グループ店舗一覧 】


ページのトップへ戻る